太陽光発電の仕組み 導入のメリット Outline

太陽光発電の仕組み

太陽電池は、光エネルギーを直接電気に変換するため、太陽光を受けている間だけ電気が発生します。発電した電力を売電するには、家庭の場合と法人の場合では規模によって設備もコストも変わってきます。

固定価格買取制度(全量買取)対応設備設計について

いままで(余剰電力買取)

これから(全量買取)

売電対象が異なるため設備設計も異なってきます。下記、設備設計はご参考例となります。従来(余剰電力)と異なった送電線に直接送る設備設計となるため電力系統への影響が高くなります。地域送電網・電気消費状況により追加設備が必要となり設備費用が高額になる場合もございます。ご検討頂く際は、前もってご相談ください。

10kW以上〜50kW未満の設備  (設置面積目安: 100m2〜500m2程度)

100V〜200V(低圧)全量直接送電

50kW以上〜2MW未満の設備 (設置面積目安: 500m2〜40,000m2 )

6600V(高圧)全量直接送電

日本テクノエンジでは計画・設計・系統協議・運用・アフターサービス・電力販売、一連の長期間サポートまでワンストップで行うことができます。お客さまに最適なプランをご提案いたします。

お問い合わせはこちら

ページトップへ戻る