太陽光発電の仕組み 導入のメリット Outline

環境に対するメリット

再生可能エネルギーは、非化石エネルギー源であり永続的に用いることができるものであり、発電時に二酸化炭素(CO2)をほとんど排出しません。これは「地球温暖化対策」の観点からも重要なメリットです。政府は、再生可能エネルギーの全量買取制度によって、CO2を約2,400万〜2,900万t程度削減(日本国内の総CO2排出量の約1.8%〜2.2%に相当)との見通しを出しています。

年間約300tのCO2削減量 特に太陽光発電は発電によるCO2排出がないため、地球温暖化対策向きといえます。メガソーラー(1000kW)のCO2排出量抑制効果は年間約300tにもなり、これはスギの木(80年生)約2万1400本の吸収量と同等で、規模にして約66haということになります。

企業価値向上のための太陽光発電導入

企業価値向上のための太陽光発電導入 太陽光発電はCO2削減の面から、地球環境への貢献、社会貢献としてお客さまの企業価値を高める役割を担います。
また、発電量やCO2削減量をモニターで「見える化」することで、電力に対して消費意識の変化や、地域の環境教育での活用といった部分でも期待されています。

日本テクノエンジでは計画・設計・系統協議・運用・アフターサービス・電力販売、一連の長期間サポートまでワンストップで行うことができます。お客さまに最適なプランをご提案いたします。

お問い合わせはこちら

ページトップへ戻る