太陽光発電の仕組み 導入のメリット Outline

経済的メリット

メガソーラー導入による経済的メリットは、仮に2000kW(2MW)の場合、下記表のような想定となります。固定価格制度は、下記表の数値に基づいて制度設計がなされています。

メガソーラーにかかる費用(耕作放棄地の例)

さらなる経済的メリットを産むポイントとして、設置する環境を考慮した太陽光発電システムや設備の選定、売電価格と期間、初期投資を抑える助成金や優遇税制があります。
固定価格買取制度(FIT)によって、10kW以上の新規発電事業者が発電した電力は電力会社が固定価格で全量買取となります。
今回決定した売電価格42円は20年間固定。これは通常、投資評価の一指標IRRに合わせて算出した価格ですが、法律上「最初の3年間は利潤に特に配慮する」ものとしており、算出した試算より数%程度高く設定されています。
>>固定価格買取制度について詳しく

太陽光発電のシステム価格が大幅に下落しているとはいえ、太陽光の導入には多額の初期投資が必要となります。しかし公共・産業用太陽光発電システムに対しては、国や地方自治体も積極的な導入の支援を行っています。 補助金や優遇税制といった支援制度をうまく活用することで導入価格を抑えることができます。
>>助成金・優遇税制について詳しく

固定価格買取制度、助成金や優遇税制は予算や期限が決まっているため、早い段階で導入することが収益に繋がります。

日本テクノエンジでは計画・設計・系統協議・運用・アフターサービス・電力販売、一連の長期間サポートまでワンストップで行うことができます。お客さまに最適なプランをご提案いたします。

お問い合わせはこちら

ページトップへ戻る